話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

徳山昌守(とくやま まさもり)


元ボクシング世界チャンピオン。1974年、東京都出身。
東京朝鮮中高級学校卒業。本名:洪昌守(ホン チャンス)。

 産業廃棄物処理業「徳山産業」を営む家に生まれる。両親とも在日朝鮮人で自身は在日三世。
6歳の時に父親が開いた空手道場「空手道徳心会」で空手を始める。数々の大会で好成績を残したが、高校入学と同時にボクシングに転向。在日朝鮮学生中央体育大会では優勝したが、学校教育法の規定によりインターハイや国体には出場できなかった。
 高校卒業後「徳山産業」に就職したが、ボクシングを諦め切れず半年で退社。自分を追い込むため単身大阪に渡ってグリーンツダジムに入門し、94年にプロデビュー。96年に全日本新人王を獲得、直後に金沢ジムに移籍した。
 97年に2度日本王座に挑戦するも、引き分けと負傷判定負けに終わり王座獲得はならなかったが、98年に元世界チャンピオン・井岡弘樹にTKO勝ちして名をあげ、99年に東洋太平洋チャンピオンを獲得(2度防衛)。
 2000年に王者チョ・インジュ(韓国)を破り、WBC世界スーパー・フライ級チャンピオンを獲得。01年にはチョ・インジュを相手に韓国で防衛戦を行い、注目を浴びる中でKO勝ち。8度の防衛後、04年に川島勝重に1回TKOで敗れ王座を失ったが、05年7月の再戦で判定勝ちしチャンピオンに返り咲いた。
 06年2月のタイトルマッチで初防衛に成功したが、その後試合を行わず同12月に王座を返上。 WBC世界バンタム級チャンピオン・長谷川穂積との対戦を熱望していたが叶わず、07年3月に現役を引退した。
 プロ通算成績36戦32勝(8KO)3敗1分け。

LAST UP 2007/03/15
 
作品
関連人物
井岡弘樹

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ