話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

戸田奈津子(とだ なつこ)


映画字幕翻訳家。1936年7月3日生、東京都出身。津田塾大学英文科卒業。

 1歳の時に父親が戦死。自身は戦時中、四国・愛媛に疎開し、戦後東京に戻ると当時数少ない娯楽のひとつだった洋画にのめり込む。中学入学後は英語にも積極的に取り組み、英語と洋画の学生時代を過ごした。
 大学卒業後、第一生命に入社して秘書として働く一方、映画字幕翻訳家を目指して翻訳家・清水俊二氏の下で見習いを始める。入社1年半で第一生命を退社し、その後は雑誌や本などの翻訳のアルバイトを行った。
 海外映画の来日記者会見などの通訳を務めた後、 69年に映画【 野性の少年 】(70年公開)で念願の字幕翻訳家デビューを果たすと、80年日本公開の映画【 地獄の黙示録 】撮影中のフランシス・フォード・コッポラ監督の来日時の通訳を務め、その後も撮影現場に立ち会ったことからコッポラ監督の推薦で同映画の字幕を担当。【 地獄の黙示録 】はヒット作となり、人気翻訳家の地位を築いた。なお日本を離れたのはこの映画の撮影時が初めてだったという。
 映画字幕翻訳の第一人者としてハリウッドスターの通訳を務めるなど信頼も厚い。

LAST UP 2006/07/25
 
作品   

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ